AWSのコストを監視、監視、最適化

Amazon Web Services(AWS)のような現代のクラウドプラットフォームの規模と従量制のパラダイムは、コストを分析するという伝統的なアプローチを時代遅れにしてしまいました。Site24x7のCloudSpendは、組織全体でAWSのコストを管理するのに役立ちます。それにより、支出した1ドルごとに最大のバリューを得ることができます。

無料で登録
View spend pattern across the AWS organization

AWSのコストを分析および理解するために必要なすべてのものを1か所に

自動請求書処理

スプレッドシートはもう不要

Site24x7の自作パーサーは、生のAWSのコストおよび使用状況レポートのデータファイルを自動的に取り込んで処理し、すべての関連データフィールド(サービス、使用タイプ、価格設定単位、操作などの固有の組み合わせ)を抽出し、 最後の1ドルにいたるまでAWSコストの最新の概況を表示します。

支出分析

支出の詳細なスナップショットを提供

最適化を開始する前に、いつ、どこでコストが発生しているのかを理解する必要があります。上位3つの費用発生サービスを識別します。 過去6ヶ月間のランニングコストと、これまでの月々のコストを見ます。そして 地域、インスタンスタイプ、コンポーネント、データ転送などによるコストの分布を表示します。

Multiple chart widgets types displaying at a glance information about cost trend
リソースエクスプローラ

新しい方法でデータを分析

さまざまなフィルタリングおよびグループ化のディメンションを使用して、アドホック分析を行います。独自の日付を設定したり、定義済みの日付範囲から選択してデータを時間ごとにセグメント化したりするときに、リンクされたアカウントごとに支出を分析します。あるいは、AWSが生成したタグとユーザー定義のタグを使用して、クラウドコストのサブセットを分離して分析することもできます。

A stacked bar chart displaying the cumulative magnitude of costs broken down by region
組織の説明責任を推進

ビジネスユニット

タグは、AWSアカウントのリソースを整理するのに最適な方法です。Site24x7のCloudSpendを使用すると、アカウント所有者とAWS Managed Service Partners(MSP)の両方がこのカスタムメタデータを利用して支出を1つ以上の事業単位に割り当て、さまざまなチームやプロジェクト、顧客のコストを追跡できます。たとえば、新しいアプリのテスト、開発、および制作中に使用されたAWSサービスを説明できます。

How business units works
コストコントロールを可能に

予算

簡素化された予算作成ワークフローにより、不測の事態を回避し、インフラストラクチャの費用を簡単にコントロールできます。リンクされたアカウントやビジネス単位の月次、四半期、または年次目標を設定し、実際の費用が予算額を超えたときに電子メールによる通知を受け取ります。

How cost budget works

AWSへの投資を最大限に活用

AWSのコストを管理することは、運用の卓越性を推進するためのほんの一部です。ビジネスを円滑に運営するためには、フロントエンドからインフラストラクチャ層まで、事業環境に対する包括的な洞察が必要です。Site24x7の既存のフルスタック監視機能とCloudSpendを組み合わせることで、AWSサービスの使用方法をより可視化し、制御できます。