アプリケーションマップで構成を可視化するAPMツール「Site24x7」

アプリケーション同士の接続と通信を理解できます。アプリケーションの依存関係を把握することにより、リアルタイムで問題を解決できます。

複雑なアプリケーションを鳥瞰する

一般的に、アプリケーションは1つまたは多数の外部リソースと通信し、データの保存やデータベースからの読み出しなど、さまざまなアクションを実行します。次のような通信が含まれます:

  • 構造型(MySQL、Microsoft SQL)やNoSQL(Cassandra、MongoDB)などのデータベースタイプから顧客や製品の詳細を取得
  • メール、SMS、3rdパーティAPIコールやWebサービスによるHTTPSリクエストでのRSSフィード
  • RedisやMemcachedなどのキャッシュフレームワークにデータを保存し、パフォーマンスを最適化

これらのワークフローで見つかったアノマリ(異常)はアプリケーション依存関係マップにより簡単に特定できます。

キーメトリクスを観察することによりアプリケーションパフォーマンスを最適化する 

依存リソースについて次のようなキーメトリクスを表示します:

  • 応答時間
  • スループット
  • 接続ステータス
  • 失敗リクエスト数

応答時間やスループットの増加などの問題を一目で特定でき、遅延なしに確認できます。

依存リソースから問題を表示する

依存リソースまたは外部リソースで問題が発生しているとき、アプリケーションパフォーマンスに問題がある可能性があります。これらのボトルネックはリソースがダウンしたとき、または、外部接続でのトランザクション失敗があったときには除外されます。これらの処理により、顧客が感じる前に問題を修正できます。

原因のコードへとドリルダウンする

アプリケーション依存関係マップにより、ソースから個々のコードの行へと問題をドリルダウンできます。関連トランザクションや失敗リクエスト数などの情報により、問題の根本原因を簡単に特定でき、トラブルシューティングできます。