Hyper-V監視

Hyper-V環境のディスカバリーと監視

仮想インフラストラクチャに含まれるアプリケーションのCPUやメモリの負荷、ディスク使用量、およびネットワーク容量を監視します。

Hyper-Vパフォーマンスカウンター

ホストサーバーとVMの両方について、ハイパーバイザー、VM、プロセッサ、ネットワーク、ストレージなどに関するメトリクスを収集します。

さまざまなメトリクスについてのアラート通知

VMの状態、またはメモリ/CPU使用率が急上昇し始める時期を把握します。

豊富なパフォーマンスレポートとグラフ

すべての統計情報を比較して表示し、停止状態を常に把握するために、Hyper-Vサーバーのパフォーマンスを調査します。

Hyper-Vのパフォーマンス監視をシンプルに

仮想化技術を使用して、Microsoft Hyper-V(以前はWindows Server Virtualizationと呼ばれていました)は仮想化されたコンピューティング環境を作成および管理します。仮想化分野で重要な役割を果たしているHyper-Vの健全性とパフォーマンスを監視することにより、パフォーマンスが常に良好であるかどうかを知ることが重要です。

Hyper-V環境の全体状況の把握

Hyper-V環境内のすべてのアクティブ、ダウン、およびトラブルが発生している仮想マシン(VM)の概要を表示します。また、それらのCPU/メモリ使用量とプロセッサ数を取得します。アクティブなリソース消費を分析し、CPUおよびメモリ使用量に基づいてそれらを管理して、すべてのVMグループに適切なリソース割り当てを確保します。

個々のVMを監視

各VMのCPU使用率、レプリケーション、および親チェックポイントに関する詳細を取得します。レプリケーションモードとその健全性に関する統計は、停止が発生したときにワークロードの継続性と回復を確保するのに役立ちます。チェックポイントは、問題をトラブルシューティングするために特定の状態または条件を再現するのに役立ちます。

プロセッサの性能を監視

仮想マシンには、サーバー上の実際のプロセッサコア(論理プロセッサ)上のリソースを消費する一定数の仮想プロセッサが提供されます。Hyper-Vのパフォーマンス管理には、仮想マシンがシステムで認識して使用できるコアの数と、仮想プロセッサで行われるハイパーコールの割合を知ることが不可欠です。

ネットワークと仮想ネットワークの統計

1秒あたりのバイトトラバーサル数とパケットトラバーサル数を知ることで、仮想ネットワークアダプタと仮想スイッチの状態を監視します。これにより、各ネットワーク接続のリソース負荷を特定および評価して、単一のホストサーバー上のVMの数が急激に増加してシステムが壊れることを防ぐことができます。

ストレージと仮想ストレージに関するメトリクスを取得

ストレージの問題は、エンドユーザーアプリケーションのパフォーマンスに直接影響を与える可能性があります。したがって、Hyper-V環境全体と各VMのディスク使用量を分析することが重要です。読み取り/書き込み/フラッシュ操作および仮想デバイスで発生したエラーの数に関する情報を取得します。

仮想マシン(VM)を適切に管理

起動、VMが使用できる最小/最大物理メモリ、およびそのVMに割り当てられているプロセッサの総数を設定します。起動/停止/再起動オプションを使用して、Hyper-V環境で個々のVMがどのように動作する必要があるかを決定します。IT自動化ツールを使用して、しきい値違反が発生したときにHyper-V VMの起動、停止、および再起動を自動化します。

プラン、価格表、サインアップ30日間の評価版に30秒でサインアップできます