マップでネットワークを視覚化

レイヤー2とトポロジーマップを使用して、ネットワークを完全に可視化します。ネットワークマッピングを自動化することにより、信頼性の高い障害分離と包括的な監視を実現します。接続性の問題を視覚化し、単一のウィンドウからパフォーマンスを最適化します。

Visualize your network
今すぐ無料で使ってみる

レイヤー2マップを使用してネットワークディスカバリーを自動化

簡単なディスカバリー

シード装置とIP範囲を指定するだけで、ネットワークのレイアウトを簡単にディスカバリーできます。任意のレイヤー2マップからデバイスの監視を開始することもできます。

各種プロトコルへの対応

Site24x7は、ARP、CDP、FDB、IP route、およびLLDPなどの主要プロトコルをサポートしています。装置の種類に適したプロトコルを使用して、ネットワークの物理的相互接続をディスカバリーします。

ネットワーク停止をピンポイントで把握

一目でネットワークの問題を特定するために、重要な装置とそれらのインターフェースのパフォーマンスをマッピングします。マップから問題のある装置にすばやくドリルダウンして確認できます。

トポロジーマップを使ってネットワーク構成を描画

 

整理された見やすいマップ

背景画像の上にネットワーク機器とインターフェースを論理的に配置して、ネットワークトポロジーの概略図を手動で作成できます。

 

ネットワークコンポーネントの階層を表示

装置に依存関係を設定できます。これにより、エラーや接続性の問題を視覚的にすばやく追跡できます。

 

パフォーマンスのボトルネックを回避

トポロジーマップを使用すると、問題のある接続の実際の場所を簡単に特定できます。管理者が作成したマップで、即座にパフォーマンスのボトルネックとリソースの機能停止を把握できます。

プラン、価格表、サインアップ30日間の評価版に30秒でサインアップできます