無料かつ5分で試せるその手順:サーバー監視編

フリープランにサインアップしてこの手軽さを体験してください。Windowsサーバーを監視する際の手順を紹介します。手順は異なりますがLinuxサーバーも簡単に監視できます。

  • ステップ 1

    サインアップ

    フリープランのサインアップページでメールアドレスとパスワード、電話番号(任意)を入力、規約・ポリシーの合意にチェックし、「サインアップ」をクリック。

  • ステップ 2

    機能カテゴリの選択

    サインアップ後に表示される画面で「サーバー監視」をクリック。

  • ステップ 3

    監視対象OSの選択

    Windowsのロゴをクリック。

  • ステップ 4

    エージェントのダウンロード

    緑のボタンをクリック。

  • ステップ 5

    規約の同意

    ソフトウェアライセンス規約を確認し、「同意します」をクリック。

  • ステップ 6

    エージェントのインストール

    ダウンロードしたインストーラーを起動し、「Next >」をクリック。

    ここでは監視を体験することが目的のため、ノートPCにエージェントをインストールします。

  • ステップ 7

    デバイスキーの入力

    インストーラーの「Device Key」入力フィールドにデバイスキーをコピー&ペースト。

  • ステップ 8

    プロキシの設定

    「Next >」をクリック。

    ここでは監視を体験することが目的のため、 細かい設定の説明を割愛しますが、このステップを飛ばすことで費用が発生することはありませんのでご安心ください。

  • ステップ 9

    インストールデータ保存先の選択

    必要に応じて選択し、「Next >」をクリック。

  • ステップ 10

    一括インストールの有無

    「No」をクリック。

    ここでは監視を体験することが目的のため、ノートPC一台のみを監視します。

  • ステップ 11

    インストールの完了

    「Close」をクリック。

    もう、Site24x7はサーバー監視を始めています。Site24x7管理画面左の「サーバー」タブをクリックし、監視が始まっていることを確認します。

    設定完了

    これらのマークが表示されている監視項目は監視が始まっています。

    項目をクリックすると詳細画面でデータが可視化されていることを確認できます。フリープランのサインアップはこちら

    1時間後

    このように可視化されます。通知設定も簡単なので、是非、いろいろ試してみてください。