Active Directory監視

LDAPおよびSAMのアクティブクライアントセッション、レプリケーショントラフィック、データベースインスタンス、ドメインサービスなどを含む、Microsoft Active Directory(AD)のパフォーマンスに関する指標を得ます。

ADのヘルスチェックにより、ドメインコントローラのパフォーマンスを監視

AD監視により、ドメインサービス(DS)のパフォーマンス問題を診断し、DSの読み取り、書き込み、およびDSの検索操作に関する情報を取得できます。

以下からディレクトリの読み取り、書き込み、検索の割合を取得します:

  • ディレクトリとリソース管理(DRA)
  • ネームサービスプロバイダインターフェース(NSPI)
  • NTDSAPI
  • ローカルセキュリティ機関(LSA)
  • Kerberos認証
  • NTLM認証
 Active Directory Domain Services

ADのパフォーマンスを監視して、レプリケーションの問題の防ぎます

レプリケーションサービスに障害が発生した場合、フォルダやファイルへのアクセスはユーザーにとって困難になります。ADパフォーマンス監視は、ディレクトリおよびリソース管理(DRA)サービスに関する情報を入手することによって、これらの問題を軽減するのに役立ちます。

  • レプリケーション状況
  • DRAの保留中のレプリケーション同期
  • DRAの保留中のレプリケーション操作
 Active Directory Replication issues

Active Directoryのヘルスチェックを実行し、SAMおよびLDAPクライアントセッションを追跡

ADの健全性状態を知ることは、特定のLDAP(Lightweight Directory Access Protocol)セッションに接続されているクライアントの数を知ることによって、サーバーの過負荷を防ぐのに役立ちます。また、LDAPセッションからのディレクトリ書き込みおよび検索の割合を取得します。

Active Directoryのパフォーマンス監視は、セキュリティアカウントマネージャ(SAM)クライアントセッションについても通知します。SAMは他のサービスに対して、それらのサブシステムが要求を受け入れる準備ができていることを知らせます。

Active Directory LDAP sessions

Active Directoryデータベースの安定したパフォーマンスを確保

Active Directoryデータベースを監視すると、ディレクトリファイルの機能が安定していることが確保され、ファイルを拡張するための十分なスペースがあります。次のような情報も取得します:

  • 完了したデータベースの読み取り/書き込み操作の割合
  • データベースキャッシュマネージャが使用するシステムメモリ
  • データがログに書き込まれるのを待機しているスレッド
Active Directory Database