Amazon Kinesis監視

データストリームやビデオストリームから、FirehoseやAnalyticsまで、Amazonのリアルタイムストリーミングプラットフォームのあらゆる要素を監視し、データパイプラインをエンドツーエンドで可視化します。

30日間無料トライアルに今すぐ登録
 

Kinesis環境全体に及ぶ単一で包括的なビュー

 

Data Streams

基本的なストリームレベルの指標に関するアラートを収集、視覚化、受信します


  • GetRecords/PutRecordsオペレーション、スロットルスパイクなどのレイテンシに関するアラート。
  • コンシューマアプリケーションの進捗状況を早期に把握できます。
  • プロデューサがデータを出す速度と、コンシューマがデータを受け取る速度を視覚化します。
  • ワークロードに合わせてストリーム容量を最適化するために、リシャーディングについて十分な情報に基づいた決定を行います。

Video Streams

メディアパイプラインの全体像を把握しましょう


  • 接続エラーやドロップした接続についてアラートを受け取ることで、コンシューマーが遅れないようにしましょう。
  • リアルタイムデータとアーカイブデータ両方の読み取り速度の変化パターンを特定します。
  • Video Streamsが時間エンコードされたメディアを受信して、異常を識別する速度を測定および定量化します。
  • データの取り込み失敗、フラグメント期間の増加などを検出します。
 

Data Firehose

各配信ストリームの詳細な掲載結果データを取得します


  • 着信バイトと着信レコードを追跡して、スループットの急上昇と低下を監視します。
  • 収集したログを使用して、Lambdaの呼び出しエラーと配信の失敗をトラブルシューティングします。
  • レコード、バイト数、鮮度、成功に関してデータ配信を監視します。
  • データ変換とソースレコードのバックアップが円滑に行われていることを確認してください。

Data Analytics

アプリケーションが正しく実行されていることを確認します


  • 使用状況の統計情報を使用して、アプリケーション内の入力ストリームを増やすことについて、十分な情報に基づいた決定を行います。
  • 期間、処理されたバイト数などのLambda前処理指標を視覚化します。
  • アプリケーションの出力配信を確認し、失敗のためのアラームを設定します。
  • KPUの消費を最適化するためにアプリケーションを自動的に起動および停止します。
 
今すぐ無料で使ってみるはじめの30日間ですべての機能を評価