メールサーバーのパフォーマンスを監視

SMTP、POP、IMAPサーバーの可用性と応答時間をクラウドから監視します。メールのラウンドトリップタイム(RTT)の測定でエンドユーザー体験を判定し、TCPポートチェックでメールサーバーの稼働状況を継続的に監視します。

メールのラウンドトリップタイム(RTT)を監視

インフラとエンドユーザーの視点でメールサーバーを監視します。メール配信プロセスのあらゆる側面を検証し、全世界90以上の監視ロケーションから送信、受信の遅延を測定。さらに、Site24x7のオンプレミスポーラーを利用し独自の監視ロケーションをファイアウォール内部に設置できます。

Site24x7 Email RTT Mechanism

メール配信のメカニズム

  • Site24x7は、SMTPクライアントとしてセキュアな接続をSMTPサーバーと確立し、ハンドシェイクを実行後、テスト メールを送信します。この手順は、Webメールやメールクライアントの挙動と同様です。
  • SMTPサーバーは、テストメール受信者のドメイン名をチェックし、対応するPOP/IMAPサーバーへメールを送ります。
  • Site24x7は、メール受信サーバーにリモート接続し、所定のユーザー名とパスワードで認証、テストメールを件名と添付ファイルで探し、POP/IMAPで取得します。
  • これによって、テスト メール送信と受信との間で、平均時間が測定されます。テストメールは実験後、自動的にメール サーバーから削除されます。

メール配信プロセスのこれらの手順のうち、どれか1つでも失敗に終わるとSite24x7はアラートを発します。Site24x7とSMTP・POP/IMAPサーバーの間でインターネット通信の安全性を保つため、TLSまたはSSLを有効とし、アクセスには認証を設定してください。

SMTPサーバーを監視

IPv4/IPv6有効のSMTPサーバーについて、可用性とパフォーマンスを、全世界90以上の監視ロケーションから継続的に監視します。Site24x7は指定のSMTPポートに毎分、リモート接続を行いSMTPサーバーの可用性をチェックします。取引先のメール、ISP、ホスティング事業者によるSMTPサービスについてSLA順守状況を監視することができます。

SMTP Server Response Time

POPとIMAPサーバーを監視

POPとIMAPの監視では、IPv4/IPv6双方が有効となっているPOP・MAPサーバーの可用性と応答時間を設定した複数のロケーションから指定ポートに接続して監視します。サーバーから制限時間内に応答が無い場合やSMTP、POP、IMAPサーバーのDNS解決に失敗する場合、Site24x7はアラートを発します。

POP Server Global Response Time

はじめの30日間ですべての機能を評価できます

30日間を過ぎると自動的にFREEプランに切り替わるので安心です。

メールサーバー関連のトラブルシュート

メールRTT監視は、メール配信を妨げる各種エラーの特定に有用です。

  • メールサーバーのDNS解決:MXレコードが正しいメールサーバーをさしているか。
  • サーバーはメールを受信し、送信メールをローカル・リモート双方のユーザーに配信しているか。
  • メールクライアントやWebメールユーザーは、受信ボックスにPOPとIMAPでアクセスできるか。/li>
  • ネットワーク接続が正常か。
  • SMTP、POP、IMAPサーバーのデフォルトデフォルトのポートアドレスに変更はないか。
Mail Server Error Outage Report

Microsoft Exchange Serverの監視

メールサーバー監視に加えて、Site24x7のWindowsエージェントベース監視で、オンプレミスのMicrosoft Exchange環境の、パフォーマンスと可用性が監視できます。Site24x7は、メールボックス、クライアントアクセス、ユニファイドメッセージング、ハブトランスポート、エッジトランスポートなど、設定したすべてのExchange Serverロールを、自動ディスカバリの対象とします。サーバーステータス、パフォーマンス、クライアントの利用パターンについてのリアルタイムデータが伝達されます。

Site24x7サーバー監視ではインフラの全体像が把握可能です。サーバー環境を監視し、Windows、Linux、FreeBSD、OS Xサーバーの詳細KPIを取得します。

Site24x7 Exchange Server Monitoring
今すぐ無料で使ってみるはじめの30日間ですべての機能を評価