Couchbase監視

Site24x7プラグインを設定してCouchbaseデータベースを監視しましょう。

Couchbaseは、ドキュメント指向NoSQL アーキテクチャを備えたオープンソースのデータベースソフトウェアです。Couchbase監視ツールをインストールすれば、データベースのアクティビティとステータスに関する詳細な情報が取得できます。

このページでは、Couchbaseサーバーのパフォーマンス、可用性、使用統計を詳細に可視化するための、Couchbaseプラグインと監視メトリクスを設定する方法について説明します。

 

Couchbaseパフォーマンス監視メトリクス:

Couchbaseサーバープラグインを設定し、Couchbaseサーバーのパフォーマンスメトリクスを監視します。キーインジケーターを使用して、情報に基づいたトラブルシューティングと、Couchbaseサーバーの断続的な機能を確実にします。

Total hard disk space

「hdd.total」メトリクスでは、ハードディスク領域の全体像を把握します。Couchbaseサーバーで使用可能な合計ハードディスク量を表示します。

Hard disk quota

「hdd.quotaTotal」メトリクスは、Couchbaseサーバーで使用可能なハードディスククォーターに関する情報をさまざまな目的に応じて取得します。

Hard disk used for data

「hdd.usedByData」メトリクスは、データに使用可能な合計ハードディスク領域に関する情報を表示します。

 

Used hard disk space

「hdd.used」メトリクスは、現在のハードディスク使用量を表示します。

RAM in use

「ram.used」メトリクスは、現在のメモリ使用量を表示します。

 

RAM used for data

「ram.quotaUsed」メトリクスは、データの保存に使用できるメモリクォータ量を表示します。

Total RAM

「ram.total」メトリクスは、使用可能な合計メモリ量を表示します。

手順

  • Site24x7アカウントにログインします。アカウントをお持ちでない場合は、こちら からサインアップへお進みください。
  • Site24x7 Linuxエージェント の最新バージョンをダウンロードおよびインストールします。
  • Couchbaseプラグインをインストールします。
  • エージェントは、Couchbaseプラグインを実行し、Site24x7サーバーにデータをプッシュします。

前提条件:

  • Couchbaseがサーバーにインストールされ、稼働していることを確認します。
  • プラグインでは、URL[/pools/default]を使用してパフォーマンスメトリクスを収集します。
  • デフォルトで、Couchbase自体のインストール中に設定されます。されない場合には、設定を行う必要があります。

Couchbaseプラグインのインストール:

cd /opt/site24x7/monagent/plugins/
mkdir couchserver
cd couchserver
wget https://raw.githubusercontent.com/site24x7/plugins/master/couchserver/couchserver.py
  • Site24x7 Linuxエージェントのプラグインディレクトリ[/opt/site24x7/monagent/plugins/]に、[couchserver]という名前のディレクトリを作成します。
  • GitHubリポジトリーから [couchserver.py] ファイルをダウンロード し、[couchserver]ディレクトリに配置します。
  • 上記手順の実行コマンド:
  • プラグインファイルのダウンロードが完了したら、エージェントは次のデータ収集でそれをマークアップし、Site24x7クライアントで表示できるようになります。

Couchbaseプラグインの設定:

Couchbaseプラグインのファイル場所- /opt/site24x7agent/monagent/plugins/couchserver/couchserver.py

#Config Section:
COUCHBASE_HOST ='127.0.0.1'
COUCHBASE_PORT ="5984"
COUCHBASE_STATS_URI="/_stats/"
COUCHBASE_USERNAME =NONE
COUCHBASE_PASSWORD =NONE
  • デフォルトで、CouchbaseプラグインはステータスURL[http://127.0.0.1:5894/_stats]を使用して、パフォーマンスメトリクスを収集します。
  • 監視の設定を変更するには、プラグインディレクトリに移動し、必要なプラグインファイルを編集します。
  • プラグインスクリプトで指定されているデフォルトのpythonパスは、[ #!/usr/bin/python]です。代替えのPythonパスを作成する場合は、shebang(シバン)文字[#!]が前に付いた既存パスを置き換えます。
  • config sectionで変更を行います(以下例)。

メトリクスを追加で監視:

  • メトリクスを追加で監視するには、[couchserver.py]ファイルを編集し、監視が必要なメトリクスを新しく追加します。
  • 新しく追加したメトリクスを表示するには、[weblogic.py]ファイルのプラグインバージョン値をインクリメントします(例:デフォルトのプラグインバージョンをPLUGIN_VERSION = 「1」から PLUGIN_VERSION = 「2」に変更)。
 

関連プラグイン:

  • MySQLプラグイン - MySQLデータベースサーバーのパフォーマンスを分析します。
  • Memcachedプラグイン - Memcachedサーバーのパフォーマンスを分析します。
  • NGINXプラグイン - NGINXサーバーパフォーマンスを最適化し、包括的な管理レポートを取得します。
  • Nagiosプラグイン - Site24x7では、Nagiosサーバーを実行する必要なしに、何千ものNagiosプラグインを実行することができます。
  • Out-of-the-boxプラグイン - 豊富な連携リストでアプリケーション全体を監視します。
  • カスタムプラグインの作成 – カスタム Linux および Windows プラグインを作成し、カスタム属性を監視します。