Nagios監視

Site24x7で、すべての既存Nagiosプラグインを実行し、広範な連携のオープンソースコミュニティの力を活用しましょう。
 
 

Site24x7では、Nagiosサーバーを実行する必要なしに、何千ものNagiosプラグインを実行できます。そして、NagiosおよびNagiosサーバーソフトウェア専用のサーバーを管理する必要もありません。

手順

  • Site24x7アカウントへログインします。アカウントをお持ちでない場合は、こちら からサインアップへお進みください。
  • Site24x7 Linuxエージェントの最新バージョンをダウンロードおよびインストールします。
  • Site24x7 LinuxエージェントでNagiosスクリプトの設定をします。
  • これにより、エージェントはNagiosプラグインを実行し、Site24x7サーバーへデータをプッシュすることができるようになります。

前提条件:

  • 実行可能なNagiosプラグインが、サーバーに存在することを確認します。

Nagiosプラグインの実行:

  • プラグインディレクトリ(/opt/site24x7/monagent/plugins)に、設定ファイル[nagios_plugins.json]があります。
  • ファイルを編集し、エージェントで実行するNagiosスクリプトへのパスを追加します。

設定例:

{
"nagios": [
"/usr/local/nagios/libexec/check_ping -H localhost -w 1,1% -c 1,1% -p 5 -t 10 -4",
"/usr/local/nagios/libexec/check_load -r"
]
}
check_load - システムロードバランスを確認するNagiosプラグインです。
check_ping - サーバーの可用性、パケット損失、およびラウンドトリップ平均を確認するNagiosプラグインです。

注記: 設定が完了すると、Site24x7LinuxエージェントはNagios Pluginを実行し、5分ごとにSite24x7サーバーにデータをプッシュします。

 

関連プラグイン:

  • MySQLプラグイン - MySQLデータベースのサーバーパフォーマンスを分析します。
  • Redisプラグイン - Redisデータベースのパフォーマンスメトリクスを監視します。
  • MongoDBプラグイン - MongoDBデータベースのパフォーマンスメトリクスを監視します。
  • Memcachedプラグイン - Memcachedのサーバーパフォーマンスを分析します。
  • Out-of-the-boxプラグイン - 豊富な連携リストでアプリケーションスタック全体を監視します。
  • カスタムプラグインの作成 – カスタム Linux および Windows プラグインを作成し、カスタム属性を監視します。