包括ファイル・ディレクトリ監視――LinuxでもWindowsでも

ファイル・ディレクトリ監視

サーバー内でのファイルとディレクトリ変更を監視

セキュリティの専門家やサーバー管理者は、ファイルとディレクトリにステータス変更があれば、すぐさまアラートを受信し、データ違反が発生してないか追跡できます。

Windows・Linuxサーバーで、シンプルに、ディレクトリ・ファイルを監視

ディレクトリ・ファイルのセキュリティを監視

デリケートなファイルとディレクトリを保護します。アクセスや権限変更があれば、すぐに通知します。

ディレクトリ・ファイルの肥大を監視

ファイルとディレクトリのストレージ上限を設定すると、しきい値超過の際は、すぐに通知が届くようになります。

重要データ紛失の追跡

指定ファイルとディレクトリの作成や削除を監視し、重要なデータの紛失を防ぎます。

エラーログを前もって監視

ログファイル中のエラーを、コンテンツチェックでタイムリーに検出、二次的コストの発生を防ぎます。

ファイル ステータスを確認する

ファイルの不正更新を感知する一方、指定期間にわたり変更のないファイルにアラートをあげ、情報の陳腐化を防ぎます。

複数リソースを、1画面で監視

URL、ポート、Windowsのイベントログや、Linuxのsyslogをあらかじめ追跡し、手動での監視作業を不要にします。

採用実績

世界のリーディングカンパニーが採用しています

クライアント

ファイルとディレクトリの失敗を、Site24x7で前もって感知

ファイルとディレクトリの失敗を、Site24x7で前もって感知。

利用法

手順1

サインアップし、サーバー監視エージェントをインストール。

手順2

リソースチェックプロファイルに項目を追加し、サーバーに関連付け。

手順3

SMS、メールのアラートアクションを設定