LinuxのパフォーマンスをSite24x7で監視

Site24x7 Linux監視ツールでは、パフォーマンス低下や障害を、かつてないすばやさと効率で特定するのに有用です。Site24x7の50以上のプラグイン連携で、データベースサーバー、メッセージ ブローカー、キャッシュ、アプリケーションサーバー、Webサーバーなどの監視が可能となっています。

すべての重要メトリックを1つのダッシュボードに表示

Linuxサーバー パフォーマンスのあらゆる重要パラメーターが、1つのコンソールでわかります。

  • ヒートマップ分析で、直近7日について、サーバーのステータスとパフォーマンスのクイックサマリを提示
  • システム負荷と稼働状況
  • CPU、メモリ、ディスク利用状況。
  • メモリの内訳け
  • 監視に関するアプリケーションのダウンをリストアップ
  • ダウン・トラブル履歴

ITオートメーションツールを利用すれば、定型業務の自動化や、しきい値違反対応の自動化が可能です。

 Linux監視の概要

50以上のプラグイン連携で、アプリケーションスタックの全体を監視

プラグインの利用によって、ホスト、装置、サービス、プロトコル、アプリケーション、その他すべてのリソースの監視が可能となります。これにより、パフォーマンス情報が、最重要のものにまで深く把握可能となります。Site24x7のプラグインは、Debian、Ubuntu、CentOS、RedHat、Madriva、Fedora、SUSEなど、各種Linuxディストリビューションに対応。PythonかShellで、カスタムプラグインの作成も可能です。

あらゆる既存のNagiosプラグインが、Site24x7では利用可能であり、オープンソース コミュニティの活力を共有して、包括的なサービス連携ができるようになっています。

対応プラグイン:GlassFishMySQLRedisMemcachedMongoDBNGINXHAProxyZookeeperWordPressApacheゾンビプロセスなど。

プラグイン連携 | 対応Linuxフレイバー

Linuxのプロセスとネットワークトラフィックを監視

Linuxサーバーで動作しているすべてのプロセスを検出し、下記を含むパラメーターを見守ります。

  • 各プロセスによるCPU・メモリ利用率(%)
  • 特定インスタンスの発生件数
  • スレッド・ハンドル数

さらに、入出力トラフィックや帯域利用状況など、ネットワーク メトリックも詳述。次の情報が入手可能です。

  • データ送受信
  • パケット送受信
  • エラー パケット送受信
  • ネットワーク インターフェースのスピードとステータス
 Linuxプロセス

Linuxサーバーのファイル、ディレクトリ、syslogを継続チェック

多重確認で、サーバーをのすべてのリソースを、前もって監視します。キーワード、重要度、facilityレベルを設定し、問題発生時は、すぐに通知を受け取ってください。対象は次の通りです。

  • URL・ポート監視
  • Site24x7のファイル・ディレクトリ監視で、これらのステータス変化を感知
  • ログファイル監視で特定の文字列パターンを検出すれば、リアルタイムに通知
  • 重要度、セキュリティレベル、ログタイプ、イベントの情報を、syslog監視で5分ごとに収集、グラフで表示
  • Linuxサーバーの監視ソリューションを、オール・イン・ワンで

下記を基準に、カスタム表示画面を作成。

  • メモリ:空き容量と利用済み容量、メモリのページングと利用状況
  • ディスク:全体やそれぞれでの利用状況、ディスクI/O
  • CPU:JVMや、コア、割り込み、コンテキストスイッチによる利用状況。
Linuxカスタマイゼーション

Linuxサーバー監視の仕組み

  • Linuxエージェントをサーバーにインストールしてください。Chef、Puppet、SaltStack、Ansibleによる一括インストールが可能です
  • エージェントは、ディスク、CPU、メモリ利用量などのメトリックを収集します。これは、Site24x7のカスタムダッシュボードに表示されます
  • しきい値を決めると、障害や設定値超過の時は、すぐにアラートします。
しくみ

Linuxサーバー監視