Redis監視

Redisプラグインを設定して、Redisデータベースのパフォーマンスメトリクスを監視します。

Redisは、データ構造サーバーを実装するオープンソースのネットワークソフトウェアプロジェクトです。Site24x7プラグインでエンドユーザーが影響を受ける前に、Redisベースのアプリケーションで問題を特定し、解決に導きます。

このページでは、Redisサーバーのパフォーマンス、可用性、使用統計を詳細に可視化するための、Redisプラグインと監視メトリクスを設定する方法について説明します。

 

Redisパフォーマンス監視メトリクス:

サポートされている標準メトリクスは、以下の通りです:

Used Memory

「memory_used」メトリクスは、Redisサーバーが使用するメモリの合計容量を表示します(単位:バイト)。物理メモリを超えると、システムはスワップを開始するため、パフォーマンスが大幅に低下します。

Peak used memory

「memory_used_peak」メトリクスは、Redisサーバーが消費するメモリの最大量を表示します(単位:バイト)。

Used CPU system

「cpu_used_sys」メトリクスは、Redisサーバーが消費するシステムCPUの合計量を表示します。CPU制限を超えない限り、CPU使用率が高くても問題ありません。

 

Used CPU user

「cpu_used_user」メトリクスは、Redisサーバーが消費するユーザーCPUの合計量を表示します。

Used CPU user children

「cpu_used_user_children」メトリクスは、他のバックグラウンドプロセスによって消費されるユーザーCPUの合計量を表示します。

Used CPU system children

「cpu_used_sys_children」メトリクスは、バックグラウンドプロセスによって消費されるシステムCPUの合計量を表示します。

Keyspace hits

「keyspace_misses」メトリクスは、システムで行われたメイン辞書での、失敗したキー検索の合計数を表示します。

Keyspace misses

「keyspace_hits」メトリクスは、システムで行われたメイン辞書での、成功したキー検索の合計数を表示します。

Total connections recieved

「rejected_conn」メトリクスは、拒否された接続の合計数を表示します。クライアント制限に達すると、接続は拒否されます。

Rejected connections

「total_conn_rec」メトリクスは、Redisサーバーによって許可された接続の合計数を表示します。

Connected clients

「conn_slaves」メトリクスは、Redisサーバーに対して行われたスレーブ接続の合計数を表示します。

Connected slaves

「conn_clients」メトリクスは、Redisサーバーに対して行われたクライアント接続の合計数を表示します。なお、スレーブからの接続は除外されます。

 

手順

  • Site24x7アカウントにログインします。アカウントをお持ちでない場合は、 こちら からサインアップへお進みください。
  • Site24x7 Linuxエージェント の最新バージョンをダウンロードおよびインストールします。
  • Redisプラグインをインストールします。
  • エージェントはRedisプラグインを実行し、Site24x7サーバーにデータをプッシュします。

前提条件:

  • Site24x7 Redisプラグインでは、「Redis」モジュールを使用してRedisサーバーのパフォーマンスメトリクスを収集します。
  • サーバーで次のコマンドを実行してredisモジュールをインストールします
    pip install redis

pipのインストール:

  • "pip"を使用してredisをインストールします

    メモ: pipはPythonで書かれたソフトウェアパッケージをインストールして管理するのに使われるパッケージ管理システムです。

  • CentOS、Fedora、RHELの場合:
    yum install python-devel
    yum install python-pip (or)
    easy_install pip
  • Debian、Ubuntuの場合:
    apt-get -y install python-pip

Redisプラグインのインストール:

cd /opt/site24x7/monagent/plugins/
mkdir redis
cd redis
wget https://raw.githubusercontent.com/site24x7/plugins/master/redis/Redis.py
  • Site24x7 Linuxエージェントのプラグインディレクトリー[/opt/site24x7/monagent/plugins/ ]に、「redis」という名前のディレクトリーを作成します。
  • GitHubリポジトリ―から「redis.py」ファイルをダウンロード して、「redis」ディレクトリーに配置します。
  • 上記手順の実行コマンド:
  • プラグインファイルのダウンロードが完了すると、エージェントは次回のデータ収集でそれをマークアップし、Site24x7クライアントで表示できるようになります。

Redisプラグインの設定:

Redisプラグインのファイル位置- /opt/site24x7agent/monagent/plugins/redis/Redis.py

#Config Section:
REDIS_HOST = "localhost"
REDIS_PORT = "6379"
REDIS_USERNAME = "root"
REDIS_PASSWORD = ""
REDIS_DBS = "0"
REDIS_QUEUES = ""
  • デフォルトで、プラグインは「localhost」に設定されているRedisインスタンスを監視します。
  • プラグインスクリプトで指定されているデフォルトのPythonパスは、[ #!/usr/bin/python ]です。代替のPythonパスを作成する場合は、shebang(シバン)文字「#!」が前に付いた既存のパスを置き換えます。
  • 監視設定を変更するには、プラグインディレクトリーに移動して、[Redis.py]ファイルの「#Config Section:」を編集します。

メトリクスを追加で監視:

  • メトリクスを追加で監視するには、[redis.py]ファイルを編集し、監視が必要なメトリクスを新しく追加します。
  • 新しく追加されたメトリクスを表示するには、[redis.py]ファイルのプラグインバージョン値をインクリメントします(たとえば、デフォルトのプラグインのバージョンをPLUGIN_VERSION=「1」からPLUGIN_VERSION=「2」に変更します)。
 

関連プラグイン:

  • RabbitMQプラグイン - RabbitMQデータベースのパフォーマンスメトリクスを監視します。
  • MongoDBプラグイン - MongoDBデータベースのパフォーマンスメトリクスを監視します。
  • Muleプラグイン - Muleサーバーのパフォーマンスを分析します。
  • Nagiosプラグイン - Site24x7では、Nagiosサーバーを実行する必要なしに、何千ものNagiosプラグインを実行することができます。
  • Out-of-the-boxプラグイン - 豊富な連携リストでアプリケーション全体を監視します。
  • カスタムプラグインの作成 – カスタム Linux および Windows プラグインを作成し、カスタム属性を監視します。