SQL Server監視なら今すぐ5分で始められるSaaS型ツール

SQL Serverの監視は、SQL Serverで構成された重要なシステムの安定稼働に不可欠です。Site24x7なら、死活やプロセス、サービスの監視だけでなく、バッファやロックなどデータベース特有の項目も監視します。しかも、無料試用、簡単、低価格。だから、失敗なし。

SQL Server監視画面

SQL Serverにエージェントをインストールするだけ

SQL Serverの最適なキャパシティプラニングには、さまざまなメモリ・バッファーの状態を理解する必要があります。Site24x7では、SQLコンパイル、SQLイスタンスの最長トランザクション時間、データベース属性などのパフォーマンス情報へ、ドリルダウン可能です。

Site24x7のSQL監視は、Windowsエージェントで監視を行います。Site24x7にサインアップし、エージェントをインストールするだけでSQL Serverを自動的に識別、監視を開始します。誰でも簡単にわずか5分で冒頭にある可視化された画面を手に入れることができます。通知メールもデフォルトの設定のままで受信。設定変更も簡単です。

SQL監視

SQL Serverの統計データを有効活用

 

キャパシティプラニング

各種メモリやバッファマネジャーの情報を提供し、最適なキャパシティプラニングに役立てます。

 

SQLのオペレーション

SQLインスタンスの、エラー、レプリケーション(複製)、SQLコンパイル、最長トランザクション時間など、パフォーマンス情報へとドリルダウン。

 

データベース情報

利用済みデータ ファイル サイズ、ログファイル サイズ、ログキャッシュヒット率など、データベース属性を取得します。

 

DevOpsを支援

ジョブ、ロック、ラッチなど、SQL Serverでもオペレーション負荷のかかる箇所にDevOpsが集中できるよう、支援します。

 
 

SQL Serverのステータス

可用性ステータス、障害件数、キャッシュヒット率などが分かります。