Lambda監視をCloudWatchより見積もりやすいSaaSで始める方法

AWSが提供するサーバーレスインフラストラクチャ「Lambda」のパフォーマンスを監視するなら、機能活動、コード実行時間、エラーに関する指標を収集、可視化するSaaS型監視ツール「Site24x7」。CloudWatchよりわかりやすくて簡単。しかも、見積もりやすいのが特徴です。

AWS Lambda監視画面

サーバーレスLambda環境の全体像を把握

呼び出し、エラー、期間、スロットルなどの主要パフォーマンスカウンターを測定します。アラームを設定して、機能のレイテンシやコード実行のボトルネックを識別し、ログサポートを使用して機能のエラーやクラッシュをデバッグします。

 

必要なものすべて - 指標、アラーム、ログ、ダッシュボード

アラート

同じ属性の複数の統計に対するしきい値違反に基づいて、自動通知をトリガーします。

可視化

時系列データを、事前設定された折れ線グラフウィジェットで表示して、パフォーマンスの傾向とサーバーレス機能の動作を理解できます。

機能ログのプリント

呼び出しエラーの原因となっているアプリケーションコード内のエラーを識別してトラブルシューティングするために、最近のコード実行ログをほぼリアルタイムで収集します。

正常性

他のアップストリームおよびダウンストリームサービスとともに、Lambda関数のパフォーマンスを視覚的に監視するための組み合わせビューを取得します。

 

インベントリ

より多くのコンテキストを取得するため、監視対象のLambdaサービスの構成とリソース数の詳細を表示します。

サポートされているAWS監視