AWS ELB監視ならCloudWatchより楽に開始・運用できるSaaS

Site24x7は、簡単な設定でCloudWatchと連携し、クラシックタイプとアプリケーションタイプ両方のElastic Load Balancer(ELB)を可視化します。監視設定を自動化、わかりやすい画面でCloudWatchより楽々運用。しかも、無料試用、超低価格。だから、失敗なし。

AWS Elastic Load Balancer(ELB)監視画面

ELB要求数を分析

Elastic Load Balancerによって受信およびルーティングされたクライアント要求の数を追跡します。平均要求レートを監視することで、アプリケーションのトラフィック需要に関するアイデアを得ることができます。傾向を分析すると、インスタンスを追加する必要があるのか、Auto Scalingを有効にする必要があるのかがわかります。

レイテンシパターンを識別

レイテンシまたはターゲットレスポンスタイム指標は、バックエンドインスタンスがアプリケーション要求に応答するのに要した時間を説明します。EC2インスタンスまたはコンテナのリソース使用率を分析して、レイテンシの急増とCPUまたはメモリー使用量の増加とを関連付けます。

要求スピルオーバーを回避

レイテンシとシステムリソースの制約が増加すると、要求がキューに入れられる可能性があります。サージキュー長指標を使用してキューに入れられた要求の平均数を追跡します。要求の波及を防止するために、サージキューの長さの増加に合わせてしきい値とアラートを設定します。

ELB HTTPエラー応答コードをトラブルシューティング

Elastic Load Balancerによって返されたHTTPエラー応答コードの数に関する統計を収集します。これらのエラーコードは、クライアント関連(4XXエラー)またはバックエンドインスタンス関連(5XX)の両方が考えられます。返されたエラーコードの種類を分析して、考えられる原因を特定します。

ターゲットHTTPエラー応答コードを監視

グループ内のターゲットによって生成されたHTTP 4XXおよび5XXエラーコードの集計を取得します。アラートを監視および設定すると、バックエンドサーバーがこれらのエラーを生成している時期を知ることができます。対応する時間のアプリケーションログを確認して問題をトラブルシューティングしてください。

バックエンド接続エラーを修正

ロードバランサーと登録済みインスタンスとの間で正常に確立できなかった接続数を測定します。特定のEC2インスタンスまたはアベイラビリティーゾーンが問題の原因であるかどうかを特定するためにドリルダウンします。

正常なホストと異常なホスト数を追跡

登録された正常なホストの数を減らすと、長期的にはレイテンシが長くなる可能性があります。各アベイラビリティーゾーン内の正常なホストと正常でないホストの平均数を監視し、着信トリガーを処理するのに十分な正常なインスタンスが常にロードバランサーの背後にあることを確認するためのアラートトリガーを設定します。

接続数統計を確認

アプリケーションタイプElastic Load Balancerのフロントエンドとバックエンドの接続統計を理解します。クライアント、ELB、ターゲット間で確立された新規およびアクティブTCP接続の数を追跡します。ELBシステムのスケーラビリティを理解し、ロードバランサが拒否し始める前にアクティブTCPソケット接続がいくつアクティブに処理できるかを確認します。