Amazon API Gatewayの監視

API展開を最適化。API実行指標を監視し、APIステージおよびメソッド全体の使用状況とパフォーマンスに関する洞察を得ましょう。

30日間無料トライアルに今すぐ登録
request icon
サービスプロバイダAPI v2
cache icon
GET /player/game/{id}
timer icon
POST /player/game/score
API Gateway illustration
error icon
GET /games/search/{title}
Line chart visualizing API request rate

スループット

すべての段階におけるAPIに対する呼び出し数を追跡し、特定リソース内の各メソッドが呼び出される頻度を確認します。バックエンドシステムへのトラフィックを管理するために、ステージレベルとメソッドレベルの両方について、パターンを分析し、最適な定常状態と同時要求のスロットル制限を設定します。

Line chart visualizing API request rate

キャッシュ

APIの実行速度を上げるために専用のキャッシュを用意する必要があるかどうか気になりますか?どのサイズを選ぶべきなのか、GET以外の方法でキャッシュを有効にする必要があるのかどうかも疑問に思うでしょう。キャッシュヒット数とキャッシュミス数を監視することで、キャッシュ容量と有効期間(TTL)をいつ増減するかをより適切に把握できます。

Line chart visualizing API request rate

レイテンシ

処理時間を監視しましょう。API呼び出しとバックエンドシステムの全体的な応答性が、時系列グラフと履歴データでどのように変化するかを確認します。APIが遅くなったり応答しなくなったりする瞬間がわかるように、ポリシーベースのしきい値と警告条件を設定します。

Line chart visualizing API request rate

エラー

間違ったHTTPメソッド、無効な認証資格情報、パラメーターの欠落、不適切なヘッダーなど、さまざまな要因がクライアント側のエラーにつながる可能性があります。アラートを設定して、クライアントアプリのコードまたはAPIの実装で潜在的な構文の問題を特定し、エラー率を下げるために修正します。

指先でもっと多くの情報を

Dashboard logo  可視化

チャートやグラフを使用して、使用方法の概要を把握します。すぐに使えるレポートにアクセスしたり、独自のカスタムダッシュボードを作成したりできます。

calendar logo 履歴データ

弊社の柔軟なデータ保持スケジュールを使用して、ウェブアプリケーションやAPIサービスが長期間にわたってどれほどうまく機能しているかをご覧ください。

web service logo バックエンドサービス

API実行指標を Amazon EC2 AWS Lambda などのバックエンドサービスからのデータと関連付けて、全体像を把握します。

世界中のさまざまな場所から、稼働時間、応答性、正確性についてAPIを監視します。同じAPIの複数のバージョンでテストを実行し、どの展開段階の組み合わせが最も効果的かを確認します。

response time line graph

機能とオプション機能の仕様

チェック頻度

テストが10分ごとに行われているか1日に1回行われているかにかかわらず、最適な間隔で実行されるようにテストを設定します。

要求方法

リソースに対して実行する操作の種類に応じて、サポートされているHTTP動詞のリストから選択してください。

グローバル拠点

複数の場所からAPIエンドポイントをテストし、ネットワークの問題またはサービスの問題が遅くなっているのかどうかを調べます。

認証

OAuth 2によって保護されたテストAPI。認証コード付与フローをたどって、アクセス更新トークンを生成するだけです。

即座にテストを作成

ホスト名、パラメータ、ヘッダプリセットなどをSwagger 2.0やOpenAPI定義から直接インポートします。

パラメータ転送

レスポンスから値や変数を抽出し、要求間でデータをチェーニングし、API全体または一連のAPI呼び出しをテストします。

検証

APIの応答を検証するために、ステータスコードとコンテンツ(JSONまたはXML)に対して期待値などの表明を設定します。

アラート

SlackやMicrosoft Teamsチャンネルを通じてリアルタイムのアラートを受信するか、webhookのURLにHTTP POSTペイロードを送信します。

今すぐ無料で使ってみるはじめの30日間ですべての機能を評価