外形監視でユーザーより先に問題を把握!5分で始められるツール

SaaS型監視ツール「Site24x7」で実現する外形監視の最大の強みは選べる監視ロケーション数。リアルユーザー監視機能で全世界100以上の地域からエンドユーザーが体感するレスポンスを可視化。しかも、5ページまで永年無料、フル機能試用30日間無料、簡単、低価格。だから、失敗なし。

外形監視ツール

全世界100以上のロケーションから実現する外形監視

Global Uptime Monitoring

3分動画:外形監視だけじゃない
3つのWeb監視機能

外形監視でリアルタイムにWebサイトの異常を把握

グローバルなWebページ監視

全世界100以上の監視ロケーションから、IPv4/IPv6対応のWebサイトの可用性と応答時間を分析。事前に設定したしきい値を超えた場合に メール、SMS、音声、プッシュ通知、RSSフィードによるインスタントアラートを受信できます。OAuth2.0、クライアント証明書、Basic/NTLM認証で保護されたWebサイトおよびAPIエンドポイントの監視にも対応しています。

Webクラスター内のすべてのURLを監視

Site24x7の オンプレミス ポーラーを設定して、イントラネットのURLの応答時間やスループットといったメトリクスを測定できます。また、全世界100以上の監視ロケーションに加えて、ポーラーをカスタム監視ロケーションとして利用できます。

リアルブラウザーを使用したWebページ解析

リアルブラウザー(Mozilla Firefox)を使って監視することで、Webサイトにおけるエンドユーザーの使用感を正確に把握でき、Webサイトのパフォーマンスを低下させる要因をHTMLコンポーネント単位で特定できます。

Windows/Linuxサーバー上のローカルURLの可用性をチェック

Site24x7のサーバー監視エージェントにURLチェックを設定して追跡することで、Windowsおよび Linuxサーバー上のローカルURLの可用性を監視します。

モバイルWebサイトの解析

3G/4GネットワークやWi-Fiに接続する複数のデバイスを使って、 モバイルWebサイトのパフォーマンスを監視できます。

その他の高度な監視機能

DNSサーバーFTPサーバーメールサーバーなどのパフォーマンスを監視できます。サービスの安定稼働を維持するために、プロアクティブな予防措置を行えます。

 

外形監視とは?

外形監視とは、システム視点の監視ではなく、ユーザー視点の監視です。内部からではなく、外部からの監視のため外形監視と呼ばれていると覚えると覚えやすいかもしれません。また、シンセティック監視と呼ばれることもあります。

例えば、自社のECサイトの応答時間が遅ければユーザーは競合サイトに流れてしまいます。このように、ビジネスを左右する重要なWebページがユーザーにストレスなく表示されているかをHTTPプロトコルなどの技術を用いて常時確認します。これは人が実際にブラウザでサイトにアクセスし、その応答時間を記録することで実現できますが、それには人件費という大きなコストがかかります。そのため、Webアプリケーションのパフォーマンスに責任を持つ多くの担当者は、外形監視をツールで自動化し、実際のユーザーが体感している応答時間などを取得することで、サービスの異常をリアルタイムで把握しています。

SaaS型監視ツール「Site24x7」なら、外形監視を誰でも簡単に、今から5分で開始できます。しかも、5ページまで永年無料、フル機能試用30日間無料、超低価格。だから、失敗もありません。まずは気軽にお試しください。

外形監視を始める手順

STEP1

サインアップ 2分

FREEプランも30日間すべての機能を使えます。クレジットカードも不要なので安心です。入力項目は4つだけ。

STEP2

監視設定 3分

ログイン後の案内に従って監視対象のURLをコピペするだけ。データの収集を開始し、パフォーマンスを可視化します。

STEP3

通知設定 0分

デフォルトのままでメール通知を受信。設定を変更する場合も、「管理」の「ユーザーとアラートの管理」から簡単です。