Zabbixでポート監視する設定手順と簡単に始める方法

Zabbixでサーバーをポート監視する方法を詳しく解説します。最後にクラウドサービスを使い無料かつ5分でポート監視を始める方法も紹介しているので参考にしてみてください。

Zabbixのポート監視方法

さっそく、Zabbixでサーバーのポート監視をする方法を見ていきます。

試行環境ネットワーク構成

試行環境は、Zabbixサーバーと監視対象サーバーをスイッチ経由で接続して構築します。

今回Zabbixサーバーと監視対象サーバーはAWSのEC2を利用して準備しました。(Zabbixのポート監視設定手順の紹介ですのでAWSのEC2によるサーバーインスタンス作成方法は割愛します。)

 Zabbixサーバーとエージェントのインストール方法

Zabbixサーバーのインストールについては、「Zabbixの構築手順、インストールから初期設定まで。AWSのCentOS編」の記事を参考にしてください。

Zabbixエージェントのインストールについては、「Zabbix Agentのインストールと設定手順をWindows、Linuxともに詳しく解説」の記事を参考にしてください。

 ポート監視の設定手順

監視対象のポート(80番)が開放されているか監視をする設定を行います。

(1)Webブラウザのアドレスバーに以下を入力し、Zabbix(Webコンソール)に接続します。

http://[ZabbixマネージャーのIPアドレス]/zabbix

(2)左側のアイコンから「設定」→「ホスト」と選択します。

Zabbixでポート監視する手順1

(3)続いて監視を追加したいホストの「アイテム」を選択します。

Zabbixでポート監視する手順2

(4)続いて右上の「アイテムの作成」を選択します。

Zabbixでポート監視する手順3

(5)アイテムの下記項目を設定していきます。

  • 名前:ポート監視
  • キー:net.tcp.service[http,,80]
  • ホストインターフェース:デフォルト値([ZabbixサーバーのIPアドレス]:10050が設定されています)
  • 監視間隔:デフォルト値(1分が設定されています。)
  • ヒストリの保存期間:デフォルト値(90日が設定されています。)
  • トレンドの保存期間:デフォルト値(365日が設定されています。)

Zabbixでポート監視する手順4

(6)設定が完了したらテストを実施します。

アイテムタブ下部にある「テスト」ボタンを選択し、監視が実施できていることをチェックします。

右下の「値の取得とテスト」をクリックすると監視結果を得ることができます。

ポート解放時には項目「値」に0より大きい値が、ポート閉塞時には項目「値」に0がそれぞれ返ります。

Zabbixでポート監視する手順5

(7)障害発生時にメール通知されるよう設定する。

障害発生時にメール通知される方法については「Zabbixのアラートをメール通知する設定手順とメール文をカスタマイズする方法」をご覧ください。

Zabbixのその他の監視方法

その他の監視設定方法については、下記記事をご覧ください。

無料かつ5分でポート監視を始める方法

Zabbixでポート監視する場合、Zabbixサーバーとエージェントのインストール・各種設定が必要でした。この手順は特にサーバー操作に慣れない方にとっては手間になりがちです。

SaaS型のSite24x7(サイトトゥエンティーフォーセブン)であれば、サンアップとエージェントをインストールするだけでホストが認識され、サインアップ後わずか5分かつ無料でポート監視を始められます。

試行環境ネットワーク構成

試行環境は、Site24x7と監視対象サーバーをインターネット経由で接続して構築します。

 エージェントのインストール手順

ここでは、WindowsとLinuxの場合について、それぞれインストール方法をみていきます。

Windowsの場合

(1)管理 > インベントリ > 監視 > 監視の追加 とクリックします。

(2)監視の追加ページでサーバー監視を選択します。

(3)説明の表示をWindowsから選択し、Site24x7 Windows Serverエージェントのダウンロードをクリックすると、Windows監視が追加されます。

(4)ダウンロードしたmsiファイルを監視対象Windowsサーバーに移動します。

(5).msiファイルを開くと、Site24x7 Windowエージェント セットアップウィザードが起動します。

(6)次へをクリックします。

(7)デバイスキーを入力し、インストールを開始します。

※デバイスキーは、Site24x7トップページから「管理」→「開発者」→「デバイスキー」 と選択すると見つかります。

(8)エージェントを置くインストールフォルダを選択してください。

※エージェントを置くフォルダには読み書き権限が必要です。

(9)ウィザードの指示に従い、インストール手順を完了させてください。

Linuxの場合

Linuxエージェントのダウンロード・インストールには、次のコマンドをLinuxの端末で実行します。OSが32ビット版か64ビット版かは問いません。

sudo -E bash -c “$(curl -sL https://staticdownloads.site24x7.com/server/Site24x7InstallScript.sh)” readlink -i -key=<Device Key>

※デバイスキーは、Site24x7トップページから「管理」→「開発者」→「デバイスキー」 と選択すると見つかります。

ポート監視の設定手順

(1)Site24x7にログインします。

(2)トップページ左側メニューから「監視」右側の「+」を選択します。

(3)続いて「インベントリ」→「監視の追加」→「ポート(カスタムプロトコル)」と選択します。

(4)ポート監視のための各種情報を設定します。

  • 表示名:ポート監視
  • ホスト:[監視対象サーバーのIPアドレス]
  • ポート (TCP):80
  • チェック間隔:デフォルト値(5分が設定されています。)
  • 接続タイムアウト:デフォルト値(10秒が設定されています。)
  • 監視ロケーション:デフォルト値(Japanが設定されています。)
  • しきい値と可用性:デフォルト値(Default Threshold – PORTが設定されています。)
  • 通知プロファイル:(Default Notificationが設定されています。)

(5)画面下部の「保存」をクリックします。

その他詳細は「ポート監視ヘルプページ」をご覧下さい。

Site24x7を導入する3つのメリット

すでにお伝えした通り、Site24x7には複数のメリットがあります。

 1. 監視対象にエージェントをインストールするだけで始められる

Site24x7は監視対象にエージェントさえインストールしてしまえば、複数の監視をスムーズに始められます。Zabbixのような細かい設定は必要ありません。

2. インターネットサービスも細かく監視できる

WebサービスやDNSサーバー、SMTPサーバーなど、Zabbixでは監視できない複数のインターネットサービスをモニタリングできます。

3. SaaSのため管理画面をどこからでも参照できる

Site24x7はSaaSサービスのため、管理画面は自宅や出先からでもインターネットに接続すれば参照できます。不測のエラー発生時にも素早く管理画面の確認が可能なため安心です。

その他、Zabbixとの比較について詳しく知りたい方は「Zabbix vs SaaS 比較!無料で始められるクラウド型監視サービス」の記事をご覧ください。

まとめ

Zabbixでポート監視を始めようとすると、Zabbixサーバーの構築からエージェントの設定、ポート監視の詳細設定など、細かい作業が多数必要になってきます。その点Site24x7であれば、同様の仕組みが5分で実現できます。

細かいインストール手順や設定項目にお悩みの方は、各種監視が誰でも比較的簡単に実施できるSite24x7を、ぜひ一度お使いになってみてはいかがでしょうか。

プランと価格の詳細はこちら:
https://www.site24x7.jp/pricing.html

FREEプランのサインアップはこちら:
https://www.site24x7.jp/signup.html?pack=1&l=ja

ZabbixとSite24x7の機能比較一覧はこちら:
https://www.site24x7.jp/zabbix-alternative.html

関連記事